最終楽章後編 感想

『のだめカンタービレ 最終楽章後編』見てきました〜exclamation

実は、『最終楽章前編』が、『ヨーロッパ編』の前編の時のように、千秋様のことが中心だったり、回想シーンが多かったりで、私としてはそれほど満足するものではなかったのです。

だって、やっぱりのだめに対する千秋先輩の想いみたいなのを期待してしまうし、回想シーンは、『のだめカンタービ+ヨーロッパ編DVD』で、時々見てるから、新しいものを見せて〜!って思っちゃうから。

あ、でも、千秋先輩の指揮ぶりは、ほんと、うっとり。
カッコよかったです〜。

それに、なんと言っても、のだめちゃんの最後のせりふ、「ずるい」ってことばで、わたしまでが暗〜くせつない気持ちになって・・・

さらに、後編予告の「先輩、お別れです」って意味深なのだめちゃんのせりふ、不安げな千秋先輩が必死に誰かを探して走り回ってるようなシーン、早く後編が見たくて仕方ありませんでした。わーい(嬉しい顔)

それで、早々に見に行ったのでした。

結果は、揺れるハート

大笑いしたり、ウルウルしたり・・・

これ以上語ろうとすると、ネタバレになるから、黙っときますね。わーい(嬉しい顔)

あ〜、でも、これで終わりかと思うと、とっても寂しい。ふらふら

『番外編』や『続編』など、大いに希望しま〜するんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。